トップ / 私設年金を老後のために

私設年金を老後のために

私設年金で明るい老後

組合型

老後に備える私設年金

私設年金は公的年金とは別に老後のために用意しておくためのものです。特にゆとりある生活を送るためには月額あたり40万円は必要とされていますが、公的年金だけに頼った場合には有利なところでも25万円程度でしか用意できません。このため、老後は貯蓄の切り崩しによって生活することになります。そこで今ある資産を活かして公的年金以外の収入を得る仕組みを作るのが私設年金になります。資産運用の一種になりますが、特にマンション経営などは不動産などの資産を作ることができるため、有望な手段となっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 投資のメリットデメリット. All rights reserved.