トップ / 小口で投資できるようなスキーム

小口で投資できるようなスキーム

投資って実は楽しい

組合型

不動産投資と匿名組合型商品

これまでのように銀行預金では利息を稼げなくなってきているため、より高い利回りを稼ぐことのできる様々な金融商品への関心が最近高まってきております。不動産もその対象の一つとして人気がありますが、個人の場合は取引額が大きくなかなか手掛けにくい商品でもあります。このため、出資者を募り、より小口で投資できるようなスキームができてきました。J-REITと共に人気が出てきているのが匿名組合型商品です。これは投資家が匿名組合の事業主体に出資を行い、事業主体が不動産を購入や売却をして賃料収入や売却益を出資者に分配する仕組みです。小口化されているので比較的少額で取引ができることや、高い利回りを稼げること等のメリットがありますが、元本保証がないことや有価証券と比較すると流動性が低いこと等のデメリットもあります。

匿名組合型商品という科目

不動産投資は、長期的に安定した収入を見込めますし、節税対策にも役立つこともあって注目を集めています。おそらく頭金を払いローンを組んで購入するというイメージが強いかもしれませんが、匿名組合型商品という科目もあります。これは事業者が不動産を小口化して資本を集め、テナントに賃貸して得た収入を出資者に分配する、といったタイプの投資方法です。匿名組合型商品は小口化されているので賃貸事業に参加しやすいというメリットがあります。また決して高いとは言えませんが、長期的に安定した利回りを確保できるという特長もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 投資のメリットデメリット. All rights reserved.