トップ / 不動産投資には大きな金額

不動産投資には大きな金額

少額で不動産投資

組合型

不動産投資とREIT

一般に不動産投資には大きな金額が必要になります。実際の土地を購入するにしても住宅を購入するにしても非常に大きな金額が必要になるためあまり万人向けのものではないと言えるでしょう。しかしREITと呼ばれる商品は安定した利回りを得ることが出来る不動産投資に少額で一口乗ることが出来る仕組みになっており、気軽に参入できるというメリットが存在しています。株式市場に上場しているものが多いため、気軽に購入と売却を行うことが出来るために配当を得ることも出来ますし、値動きをつかんで差益を稼ぐこともできるという特徴があります。

REITを用いた資産運用

政府主導でインフレを起こそうとしている我が国において、単に貯金を行うだけでは資産が目減りしてしまいます。そのため、今後は積極的に投資を行う必要があります。しかし、バブルを経験した世代にとっては株や土地を買うことは、ある種トラウマ的行為とも言えます。しかし、REITを用いた資産運用は過剰に欲を出さなければ決して危険なものではありません。REITとは不動産投資信託のことであり、端的にはマンションや商業ビルを保有する運用法人に資金運用を依頼するものです。メリットとしては株を買うのと同様の取引方法で簡単に購入ができ、また株よりも利回りが高い傾向にあるということが挙げられます。もちろん、景気の動向によっては損をしてしまうリスクもありますが、自分でマンションを買って賃貸するよりはリスクが軽減されます。

↑PAGE TOP

© Copyright 投資のメリットデメリット. All rights reserved.